ABOUT

今回のプロジェクトに寄せて

新型コロナウイルスの影響により、自粛や休業を余儀なくされ、それがいつまで続くかわからないという事態にライブハウスが直面している事に対して、何か力になりたいけれど、無理にライブも出来ない状況をもどかしく思っております。
そんな中で何か出来ることをと思い、地元のミュージシャンでオムニバスアルバムを作り、その売上を地元のライブハウスに寄付するというプロジェクトを立ち上げました。
Jimobako〜想いをかたちに〜
(Jimobako=地元のライブハウス)

Twitterで呼びかけたところ、賛同してくれた方は30組を超え、中には泣く泣くお断りさせて頂いた方もいるのですが、今回は地元出身のミュージシャンを中心に以下のメンバー計27組に参加して頂き、それぞれが曲を持ち寄り、二枚のアルバムを制作する事になりました。
 

福島と郡山の2チームに分かれ、それぞれの売上は以下のライブハウスへ寄付します。
・福島の売り上げを福島OutLine、福島市Player's Cafe、Live Space C-moonへ
・郡山の売り上げを郡山CLUB#9、郡山PEAK ACTIONへ
※もちろんこの他にも福島にライブハウスがありますが、今回は自分達に特に所縁のある会場を優先して選ばせて頂き5つのライブハウスに絞らせて頂いております。
アーティストみんなの想いをオムニバスアルバムという形で届ける事、そして受け取って下さる方も購入する事でライブハウスへの支援が出来る、またライブハウスへ足を運べない中での新しい音楽との出会いやおうち時間の楽しみになればと思っております。
11814969572401_edited.jpg
僕は僕の好きな場所が
これからも残っててほしいので
音楽も好きでライブも好きで
ライブハウスも必要だと思ってる方!
どうぞ、よろしくお願いします!!
フォアボール石井(ハートフルサウンド)
IMG_6210_edited.jpg

コロナが騒がれ始めた頃、ライブハウスや音楽シーンが世間から白い目で見られたり、非難の声を浴びたり、やり辛さを抱えて過ごす日々が続き、何も悪いことをしていないのに後ろめたさを感じたり、胸を張ってライブハウスへ行こう!来てね!と言えない状況がもどかしかったです。

何かしたい、でも何をしたらいいかわからない、そんな時にだいちゃんの「みんなで一曲ずつ持ち寄ったCDを作って売り捌いてライブハウスに寄付したい」というツイートを見ました。改めて自身で呼びかけたところ本当に多くの方が賛同の声を上げてくれました。それぞれに大変な状況の中、賛同して下さったアーティストの皆様には心から感謝の気持ちでいっぱいです。

単純に、ライブハウスが大好きです。自分の育った場所で、生きる場所です。だから守りたい。
一人一人の力は小さくても、みんなの力を合わせれば大きな力になれるはず。このCDを手に取って下さったあなたと、ライブハウスでまた元気に笑い会えるよう願っています!


MANAMI